プロフィール

xiaolin

Author:xiaolin
好きな音楽:GRAPEVINE、奥田民生、斉藤和義、TRICERATOPS、SPITZ、THE YELLOW MONKEY、Mr.childrenなど。
ライブに行くのが好きです。
2006年のベストは民生@人見記念講堂
2007年のベストはミスチル@日産スタジアムです。
12月のトライセラも良かった!
2008年は・・・。いつかスピッツのライブに行きたい。

目標:もっと大きくなりたいです。身長とか。足とか。心とか。

ホームページは更新しないので、このブログだけにしようかと思います。
コメントくれると嬉しいです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きのう今日あ~す~
変わりゆくわ~たし~♪

10/26の夜から京都へはんなりひとり旅。

台風到来。
前後は秋晴れなのに、この日だけ、天気予報は雨。

計画的にやってたつもりなのに、仕事が終わらず、
出発前日は2:00a.m.帰宅。
雑誌を買ってはあったものの、ほとんどノープラン。

この旅行のために、デジカメも新調したので、
写真もアップしたいけど、とりあえず、箇条書き。
(れなちょさんの真似)

☆出発~
1日目も観光する予定だったが、悪天候&仕事のため予定変更。

昼過ぎに出発し、新幹線で京都へ。18時くらいに到着。

町家レストラン的なところに行きたかったので、
宿泊予定の『プチホテル京都』の近くの湯葉料理屋『静家』へ。
いろんな雑誌に載っているが、場所がかなり隠れ家的。
金曜の夜だと言うのに、客はわたくし一人(!)
汲み上げ湯葉、湯葉のお刺身、豆乳、湯葉のステーキ、湯葉しゃぶをいただく。飲み物は日本酒。
お店から庭園が見えて、やわらかい照明に、優しいご主人。。
素敵な時間が過ごせました。

☆2日め~着物を着て出かける
着物の着付付きプランで宿泊予約していたので、
着付会場となる西陣織会館へ。
普段だったら選ばないような黒ベースの柄にした。
(赤とこの柄と悩んだが、「あなたこっちの方がお似合いよ」と薦められたので)

☆金閣寺→銀閣寺
西陣織会館前の堀川今出川からバスで金閣へ。
若干の雨。外人が多くて、「Oh!Kimono!」的なコトを言われた。
金閣を出たところで、ちりめんの花のピアスとかんざしを購入し、さっそく付けてみる。外人の団体客には萎えたが、一人旅の女性、男性もちらほら居るようだった。
銀閣は金閣に比べると、やはり地味で渋い。
「銀閣ってコレ!?なんだあ、がっかり」とか言ってる日本人が居たが、教科書見たことないんか?
広がる白砂の庭園が綺麗だった。ところどころ紅葉。
銀閣で四葉のクローバー付きのお守りを2つ購入。
「幸福寺」って書いてあるんだよ。一つはお母さんにあげよう。

☆銀閣寺→哲学の道→清水寺
銀閣を出て、「哲学の道」をいうところをひたすら歩いてみた。
人がどんどん少なくなるから不安になったが、「よーじや銀閣寺店」が見えてきたので、少しほっとした。
あぶらとり紙と、リップクリームを購入。
あの、よーじやの女の人の顔が描かれてる抹茶ラテが飲めるカフェにも行きたかったが、女性グループ客とカプールばかりだったので辞めた。

☆タクシーで清水寺へ。
道に迷い、思わずタクシーを利用。
清水寺へ。人が多いねしかし。清水の舞台からの景色も、もっと天気がよければなあ。。
地主神社にも行ったが、一人ゆえに恋のおみくじは引かなかった。
だって女の子グループがキャーキャー騒いでんだもん。女こえーよ。
かに座のおまもりを購入。旅の恥はかき捨て、おみくじ引いときゃ良かったと少し後悔。

☆清水から八坂・祇園まで歩く予定が。
時間までに着物を返さなきゃならんので、思ったほど時間が足りなくて、またもやタクシーを利用して、祇園まで出る。
『甘いモノを食べる』というのもこの旅の目的の一つだったので、
湯葉屋のご主人にススメられた『小森』という甘味処で『抹茶プリンパフェ』をいただく。甘すぎないので男の人でもイケそう。

☆祇園から今出川まで戻る。
少し晴れ間も出てきたというのに雨が降っているという変な気候。
着物を返す。少し着崩れたのが残念。

☆このまま帰れねえ
着物を返した時で16:00。まだ明るいぞ。
今出川からこの旅初の地下鉄利用。京都市役所まで。
河原町あたりをうろつき、小さな京菓子とふろしきなどおみやげ購入。
疲れたので京都のスタバへ。鴨川を眺めながら。
この鴨川で青木さやかと噂の婚約者は初キスしたらしいよ。
なるほどロマンチックかも(笑)

☆MILK HALL Cupid
スタバを出てぶらっと歩く。雑誌にも書いてあった「女の子一人でも入れるバー」、MILK HALL Cupidというバーへ。
隠れ家的な場所ながら、夜景が望める大きな窓、バーだけど開放的な店内。でもやっぱり一人だし、入るときはキンチョー;;

入ってみると、先客は一組のみ。しかも女性二人。
ちょっとほっとして、カウンターに座る。
とりあえずビール。お勧めのおつまみを聞く。
バーの店員と話す。これ、理想!これが思い描いてたバーで飲む大人の女!(笑
バーの店員さん、マツモトケンジさん、マツケンさんて言うんだって。
二杯目を悩んでると、、、

「何か、作りましょうか?」

キター(゜∀゜)

コレコレ!!

いろいろなテーマがあって、気になるのをオーダー。

「セクシー」っていうの(笑)
どんなんやねん!

出てきたのは青林檎のリキュールで作ったブルーのカクテル。
「今日の空もこんな色やったら京都の町ももっと綺麗やんな、せめてお酒だけでも。。。」

キター(゜∀゜)

んなこと言ってたけど、ぜんぜんキザじゃないのよ。
話しやすい人だったー。見た目は若いけど31歳、寂しがりやのおとめ座A型だって。今年はおとめ座の男と縁があるなあ。
すてきだったー。とても楽しい時間が過ごせました☆



☆終電で新幹線→帰宅。0:30着。遅っ!

湯葉も抹茶パフェもおいしかったし、気に入った着物も着れて良かったし、金閣銀閣清水と京都観光の王道をまわったわけやけど、
一番良かったのは最後に入ったバーかも。最後が楽しかったから、天気悪かったけど、今回の旅全体が良い思い出となりました。

京都にまた行くことがあったら、またあのバー行きたいな。
東京にもああいうバーがあればいいのに。

20071029022435.jpg


箇条書きと言いながら、そうでもないね(笑)そして長いね;;
スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。