プロフィール

xiaolin

Author:xiaolin
好きな音楽:GRAPEVINE、奥田民生、斉藤和義、TRICERATOPS、SPITZ、THE YELLOW MONKEY、Mr.childrenなど。
ライブに行くのが好きです。
2006年のベストは民生@人見記念講堂
2007年のベストはミスチル@日産スタジアムです。
12月のトライセラも良かった!
2008年は・・・。いつかスピッツのライブに行きたい。

目標:もっと大きくなりたいです。身長とか。足とか。心とか。

ホームページは更新しないので、このブログだけにしようかと思います。
コメントくれると嬉しいです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒カス

新しく仕事というカテゴリを作ってみました!

まあ、あたしは4月から予備校のチューター兼講師をやるんですが
4月から授業を持つために、何かと研修をしてるんですが、

なかなか思い通りにいかない。

あたしの授業はどうも異端らしい。

あたしは仮定法過去や仮定法過去完了で、
動詞の形を過去形にする時に、
「モダリティ」によるものと「テンス」によるものを分けて教えたかったんだけど。

そもそも、学校教育で「法(モダリティ)」に関する説明ってほとんどされてない。
けど、絶対必要な考え方、だと思う。

「仮定法過去」の動詞が過去形になるのは、
「仮定法」という「現実ではない」というモダリティによるものであり、表している時は「現在」である。
一方、「仮定法過去完了」では、「仮定法」というモダリティに加え、
その内容が表す時が「過去」なので、「過去」の「過去」=「過去完了」を用い、表している時は「過去」なのである。
でも、条件節と主節で時が異なる場合があり、
例えば、「あの時~してれば、今頃~なのに」のような文の場合は、
それぞれの節で、「法」と「時制」に気をつけなければいけない。
「If S + V(過去形)~, S +助動詞過去形 + 動詞原形」
を覚えるだけじゃ、モダリティとテンスの区別がついていない。
コミュニケーションのための英語にはそんな考えいらないし、
そんなん知らなくても長文読めるて言われたらそれまでだけど、
いわゆる受験英語で文法を扱う以上は中途半端じゃなくちゃんと
教えるべきだと思う。

ああもう自分で言ってて意味わかんないや~

とりあえず、あたしが当面教える高校生にとってはむずかしすぎる
ということは私もわかる。

でも言葉を変えて、わかりやすく説明すればいいと思うんだけど。
教科書や参考書と、予備校が同じ教え方をするのなら、
あたしは予備校行かないね。
てか実際行かなかったし。
学校で教えてくんないような教え方、まさに目から鱗が落ちるような
授業をしてそれで金取れんじゃないの?
ま現実てのがいつも立ちはだかるんですよ。

で、結構酔ってしもたのですよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。