プロフィール

xiaolin

Author:xiaolin
好きな音楽:GRAPEVINE、奥田民生、斉藤和義、TRICERATOPS、SPITZ、THE YELLOW MONKEY、Mr.childrenなど。
ライブに行くのが好きです。
2006年のベストは民生@人見記念講堂
2007年のベストはミスチル@日産スタジアムです。
12月のトライセラも良かった!
2008年は・・・。いつかスピッツのライブに行きたい。

目標:もっと大きくなりたいです。身長とか。足とか。心とか。

ホームページは更新しないので、このブログだけにしようかと思います。
コメントくれると嬉しいです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成績発表

我が教育学部は今までは前期科目でも成績がわかるのは、通年科目と一緒で学年末でした。
しかし今年から、前期科目の成績は10月にわかるようになったのですよ。
まあもう四年だし、あんま意味ないけどね。
だったら科目登録も半期ごとにやればいいのに。

あんま気にしてはいなかったが、
成績照会してみました☆

「秀」が二つ!

四年になってまで、あたし張り切りすぎか?

ところで、どんな科目で秀を取ったのかと言うと、
「教育総合ナビゲーター」「映画のすべて~マスターズ・オブ・シネマ」というやつです。
どちらもオープンの科目で、完全に趣味で取りました。

前者のほうは、実習期間中にレポート提出があったので、
期限までに出すのは無理そうなので、提出が遅れても良いですか?と
問い合わせたところ、
「6月24日まで教育実習とのことなので、24日までに事務所まで提出してください」という内容のメールが教授から来ました。
・・・・だから24日まで実習って言ってんじゃん。。。

私は電話して問い合わせました。単位は足りてるから別に認めてもらえないならそれはそれでしょうがないです。

その優しい女性(たぶん助手?)は、「27日月曜日までに私のところまで持ってきていただけたらうまくごまかしときますよ。教授には24日に提出されたようにしときますよ」

(´∀`)いい人や・・・

ということで、私は26日日曜日深夜に仕上げたうんこレポートを持って
月曜の朝早稲田大学に出向いたのでした。

そこで、単位は来ても良い成績は来ないなと確信したのでした。


ところがどっこい


わかんないもんですな。
しかし、教育系の科目は出席だとか提出期限に厳しかったりするのが
多いほうだとは思うけど、
まさか実習最終日に提出を要求してくるなんて思わなかったわ。
厳しいのもあるもんですね。

で、もう一個のほうの映画の授業。
これはオススメ!
授業前に映画を一本上映してくれるのよ。
講師は主に映画監督。今年は山田洋次監督、小栗康平監督、筑紫哲也氏、行定勲監督、久石譲音楽監督、是枝裕和監督などが来られました。
小栗監督の『泥の河』、是枝監督の『誰も知らない』、行定監督の『贅沢な骨』が特に印象に残っています。
授業後にネットで感想を書けばそれが出席代わり。
評価は甘いし、内容は面白いし、映画見れるし。
日本映画好きな早大生はとるべし。来年あるかわかんないけど。


そしてそして、これまでの既得単位数

140

多!無駄やん!


おまけ:四年にして初めて「不可」と「否」というのをとってしまいました。登録したけどめんどくさくなっちゃったんだもーん
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりv-22

贅沢な骨、いいよね。
思わず反応してしまった(笑)

映画は淡々とした邦画が好き
そーゆう映像は映像がたまらなくキレイなのが多いし



てゆーかいいなその授業!

キター 久しぶりや!

あたしはその授業とってから、日本の映画のほうが見たい!て思うようになったよ。
もともとハリウッド映画とかあんま見なかったけど。
『贅沢な骨』は、なんか「痛い」話だよね。
金魚をミキサーにかけようとするような(?)シーンがすっごい印象的だったわ。

あと木村威夫っていうたくさんの映画の美術監督をしている人が来たんだけど、彼の『夢幻彷徨』っていう(確かショートフィルム)のも
すごい画が綺麗で感動した。

ストーリーも大切だけど、「映画」なんだから
映像もすごく大事。だから日本の映画好き。

言葉の問題もあるしね(笑

なんか長くなっちゃった。
暇があったらまた来てねー★

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。